これからの季節とこれからの年齢を迎えるにあたり

九州北部地方はまだ梅雨入りではありませんが、これからの時期、湿度温度も上昇していきます。
これに伴い、やはり気になるのが、臭いです。また年齢も50歳を過ぎ、加齢臭も気になるところです。

仕事柄、人と接する機会も多く、エチケットとして、臭いは重要視されます。
季節を問わずに、今心がけているのは、洗濯の際には消臭効果+ほのかな香りがする洗剤を使用してます。
季節柄、部屋干しすることが多いので、極力天気予報を確認して、天気がいい日の前日の夜に洗濯をします。
雨が続く日は、近所のコインランドリーを利用して、衣類は、極力生乾きがないようにケアします。

それでもやはり、汗をかいてしまうと、前述の衣服に気を配っていても、どうしても匂ってしまうこともあります。
これは、加齢に伴い、更年期障害の一症状ともいわれる多汗、体のほてりにより、汗をかいてしまうことが多いです。
そんな時には、タオル地のハンカチ、場合によっては、大きめのタオルをカバンに携行し、こまめに汗を拭いてます。

これでも、汗のにおいが気になる事があると、会社の引き出しに入れている、着替え用のTシャツに着替えて制汗剤を併用します。
これぐらい気にしないと、自分と他人が気持ち良く過ごせる環境にはならないような気がします。